借金の取り立てルール

借金の取り立てルール

ドラマなんかでは借金の支払いが遅いと、玄関で大声を出して騒いだり、複数でおしかけたり、ドアに張り紙をしたり、会社に押しかけるなどの行為がありますね。

 

これらの取り立ては完全な違法行為です。

 

貸金業法ではサラ金などの貸金業者に取り立て禁止の行為が決められており、これに違反すると2年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられます。

 

借金の取り立てにもちゃんとしたルールがあるのですが、知らない人も多いようです。

 

午後9時〜翌朝8時までは取り立てが禁止されていますし、借り主の会社に何度も電話をかけたり押しかけて業務を妨害したり、とにかく嫌がらせのようなしつこい取り立て行為は禁止されています。

 

玄関のドアや車に何かを貼り付ける嫌がらせももちろん違法行為です。

 

連帯保証人になっていない兄弟や親の借金を肩代わりする必要もありません。
借金返済のために他社からの借りいれを強要したり、クレジットカードで商品を買わせて換金するなどの行為も違法です。

 

貸金業者がなんでもやっていいわけではないんです。

 

困った時は弁護士・国民生活センター・金融庁、財務局・警察などに相談してみましょう。

トップページ > 借金の返済額を減らすなら・根本から解決が大事